【読者の声】 台湾少年工も登場のドキュメンタリー映画『人生フルーツ』  室 佳之(会員)

現在、東京のポレポレ東中野で上映されているドキュメンタリー映画『人生フルーツ』が追加上
映されるほど人気を博している。

 小生がこの映画を知ったのは、つい先週のことで、学者芸人サンキュータツオ氏等がラジオで
語ったのを聴いて、5日の日曜日に、早速、家内を同伴して観てきた。午前、午後の上映いずれも
満員札止めとなる程の盛況。

 内容は、下記公式サイトや前述のラジオが公開している録音を参考にしてほしい。要約すれば、
とある愛知県の老夫婦の生き方を追ったドキュメンタリーである。

 本論は、あくまでその老夫婦の生活ぶりなのだが、実は途中の10〜15分程、台湾小近現代史が映
し出される。サンキュータツオ氏等もこのことには触れていなかったので大変に驚いた。

 台湾に関するところだけを取り上げれば、90歳になる主人公の津端修一さんは、海軍の技術士官
として戦時中に台湾少年工と寝食を共にしていた。その時に弟のように親しくしていた陳清順さん
という台湾人に印鑑を作ってもらい、それを現在に至るまで各種の書類に使用していた。また戦
後、仕事でも縁があったことから、久方ぶりに台北で台湾高座会であろう方々と食事をされるシー
ンが出て来る。ここで日本李登輝友の会の会員だから「あっ!」と指をさすほどすぐに分かったの
だが、台湾高座会会長の李雪峰先生が一瞬映っていたのを我々夫婦は見逃さなかった。

 加えて、津端さんが前述の陳清順さんへ長年使用してきた印鑑をお返ししたいとのことで、陳さ
んの居所を探したところ、衝撃的な事実が待っていたのだが、この先は書かないでおく。

 ただ、まさか『台湾軍の歌』までが流れるとは思わなかった。「嗚呼厳として台湾軍!」という
詩(うた)が、戦後の映画で流れたことがあるのだろうか。

 台湾高座会に縁のある本会副会長で高座日台交流の会会長の石川公弘さんは、津端さんとの面識
はあったのだろうか。勝手ながらそんな余計なことまで想像してしまった。

 繰り返すが、あくまで映画の本論は津端夫妻の90年にも及ぶ壮大な生き方であり、台湾のことは
その中の一部のことである。しかし、友の会としては、こんな日台の一面があったことも垣間見ら
れるということで、素人ながら紹介してみた次第である。

 現在、東京のポレポレ東中野以外にも順次全国で上映されているようだ。詳細は公式サイトを参
照されたい。

 ちなみに、休日にポレポレ東中野へ行かれるのであれば、上映時間よりも早めにチケットを購入
した方が無難であることを付け加えておこう。

◆ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』公式サイト
 http://life-is-fruity.com/news/

◆東京ポッド許可局1月23日『「人生フルーツ」を観てきた論』
 https://radiocloud.jp/archive/tokyopod


●映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
https://goo.gl/pfgzB4
 *チケットは、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほどお願いします。

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』 *new
・北國新聞出版局編『回想の八田與一』 *new
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』*new
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版) *new
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , ,