にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

「台湾旅行法」と米国務次官補代理の訪台   澁谷 司(拓殖大学海外事情研究所教授)

【日本戦略研究フォーラム「澁谷司の『チャイナ・ウォッチ』-282-」:2018年3月26日】

 今年(2018年)3月16日(米東部時間。日本時間17日)、トランプ米大統領が「台湾旅行法」(Taiwan Travel Act)に署名した。

 まもなくゲリット・ヴァン・ダー・ウィーズ(Gerrit van der Wees)が『ザ・ディプロマット』(“The Diplomat”3月19日付)に、「(歴史的)文脈の中の台湾旅行法」という論文を掲載した。ウィーズは次のように喝破している。

 まず、第1に、1979年の「台湾関係法」には明文化されていないが、同法は台湾の総統・副総統・行政院長(首相)・外務大臣・防衛大臣のトップ5人はワシントン入りを禁じていた。また、米国側の政府高官も台湾のカウンターパートに会うことができなかった。

 そのため、新法案に書かれているように、「台湾関係法が発効以来、米国と台湾の間では、米国が自ら課した規制―米高官の台湾訪問を控える―のため、コミュニケーション不足に陥った」のである。

 新法の発効で米台間の長年の懸案であった両国高官の交流が可能になった。今まで不可能だった米大統領と台湾総統が、今後、どこでも公に会える。

 第2に、米下院では同法案が今年1月9日に、米上院では2月28日に通過した。重要なのは、両院共に“全会一致”で法案が成立した点である。議員は誰一人として反対しなかった。

 第3に、この度、なぜ「台湾旅行法」が米議会をスムーズに通過したかと言えば、従来の米国による対台湾政策が“時代遅れ”になってしまったからである。特に、1990年代から始まった急速な台湾の民主化は新しい状況を産み出していた。

 第4に、ニクソン訪中以来、米国が中国に期待していた“軌道”から北京は大きくハズレて(民主化や法による世界秩序の維持等)、ついには我が道を歩むようになった。そこで、米国は対中政策を考え直さねばならなくなったのである。今後、米国はインド・太平洋地域での民主化された国々と伝統的な関係を再構築する。また、台湾に関しても根本的なリバランスを行う。

 一方、中国共産党は、米国の「台湾旅行法」成立を以前から警戒していた。今年3月2日付『環球時報』(『人民日報』傘下)では、同法案が「一つの中国」の“レッド・ライン”に対する重大な挑戦であり、米中関係を損なうと非難したのである。さらに、それは「台独勢力」には媚薬となり、彼らを興奮させたとも指摘している。

 さて、「台湾旅行法」成立直後の3月20日、早速、米国務次官補代理のアレックス・ウォン(Alex Wong=黄之瀚)が訪台した。おそらくウォン次官補代理の訪台はかなり前から準備されていたと思われる。ただし、トランプ政権は中国の反発を最小限に抑えるため、高官といっても下位の次官補代理を派遣している。

 翌21日、台北市米国商会(AmCham Taipei)は、グランド・ハイアット台北で晩餐会(「謝年飯」)を主催した。昨年同様、蔡英文総統(米コーネル大学法学修士、英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス法学博士)も出席している。そこには700人もの人々が集まった。

 ウォン次官補代理は、晩餐会の演説の中で、台湾の民主主義を賞賛し、米国による台湾防衛を再確認した。

 ウォンは1980年生まれの若きエリートである。ウォンは香港から米国への移民(祖籍は広東省台山市)だった。ペンシルバニア大学で学び、その後、ハーバード大学大学院で法学修士を取得している。

 パーティには、AIT(=American Institute in Taiwan。米国在台協会)のキン・モイ(Kin Moy=梅健華)も出席した。キン所長は(オバマ政権下の)2015年からその職を務めている。

 キンは、やはり香港から米国への移民3世である。コロンビア大学・ミネソタ大学を卒業し、外交官になった。

 実は、このパーティを主催した台北市米国商会(非営利組織・無党派団体)の会長は、30代前半の章錦華(Albert G. Chang)である。

 章錦華は、米カリフォルニア州で生まれ育った。そして、スタンフォード大学を卒業してから、ウォン同様、ハーバード大学大学院で法学修士を取得した。その後、両親の祖国、台湾へ行き、マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company)台湾支社の総経理になっている。

 蔡英文総統は、当日のパーティで、アレックス・ウォン(黄之瀚)米国務次官補代理、AIT所長のキン・モイ(梅健華)、それに台北市米国商会会長の章錦華(Albert G. Chang)という華人系のエリート達と乾杯している。外部から見れば、意外な光景だったに違いない。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』*new
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』 *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』*現在「在庫切れ」(2018年3月20日)

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,