にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

「台湾人元日本兵」を弔う公園を訪ねる  片倉 佳史(台湾在住作家)

【nippon.com:2018年6月30日】https://www.nippon.com/ja/column/g00545/

 知られざる台湾と日本の歴史スポット、高雄市にある「戦争與和平紀念公園主題館」はぜひとも訪ねてみたい場所である。ここでは時代に翻弄(ほんろう)され、今も複雑な立場に置かれる台湾人元日本兵について学ぶことができる。第二次世界大戦はもちろん、戦後の国共内戦でも悲劇の続いた台湾人兵士たちの物語である。

◆知られざる台湾人兵士たち

 高雄市旗津区に「戦争與和平紀念公園(戦争と平和記念公園)」という公園がある。開園は2009年5月20日。台湾人の戦争体験について考えさせられる空間である。

 現在の高雄市は人口278万人を数え、台湾南部最大の都市となっている。しかし、ここは市街地のような活気とは無縁で、台湾海峡から吹き付ける海風にさらされ、荒涼な印象だ。広大な敷地には「主題館」と呼ばれる展示館の他、「台湾無名戦士紀念碑」や「台湾歴代戦没将士英霊紀念碑」などがある。

 周知のように、台湾は1895年から1945年までの半世紀、日本の統治下にあった。日清戦争後に締結された下関条約によって、台湾は永久に割譲され、その統治機関として台湾総督府が置かれた。敗戦によって、日本が台湾および澎湖地区の領有権と請求権を放棄するまで、台湾の人々は「日本人」であった。

 主題館の外壁には兵士の写真がある。これは日本軍、中華民国の国民党政府軍(以下・国府軍)、中華人民共和国の人民解放軍の軍服をまとった若き兵士の姿である。その意味は後述する。

 館内には日本時代の軍人・軍属の史料の他、当時使用されていた品々の展示もある。中には、現在の北朝鮮で終戦を迎え、その後、ソ連軍に抑留された経験を持つ呉正男氏(横浜市在住)が寄贈したものも含まれる。呉氏が京都の舞鶴港に着いた時に持っていたのは、飯盒(はんごう)一つだったというが、それも、自身の復員証明書とともに、展示されている。

◆時代にもてあそばれた台湾の戦士たち

 ここでは時代に翻弄された台湾人兵士の足跡が展示されている。戦後の台湾社会において、日本軍に従軍経験のある元兵士の存在が顧みられることは少なかった。展示館はこうした元兵士の処遇について調査した許昭栄氏の尽力で設けられた。

 許氏自身も日本軍に従軍し、戦後は国府軍に入隊した経験をもつ。そして、似た境遇の仲間を支援したり、実態を調査したりして、私財を投げ打ってこの問題に取り組んだ人物である。

 台湾人は日本統治時代末期に軍人・軍属として戦地に送られている。その数は合わせて20万7000人に及ぶ。そして、戦後に新たな統治者としてやって来た中華民国政府によって、多くの元日本軍兵士が国府軍に徴用された。

 周知のように、第二次世界大戦後、中国では蒋介石率いる国府軍と毛沢東率いる共産党軍の内戦が勃発(第二次国共内戦)。戦闘は長期化し、国民党政府は兵力不足に悩むようになった。

 台湾を勢力下に置いた彼らは、甘言を弄(ろう)して台湾人の兵士を集めた。元軍人・軍属だった彼らは、日本軍による教練を受けており、即戦力となった。そのため、重宝されることとなる。高雄市在住の梁啓祥氏が語るように、敗戦後の混乱期、台湾の青年たちに選択肢はなかった。梁氏もまた、生き抜くために国府軍に志願し、2度目の従軍を経験した。

 1947年に「二二八事件」が勃発した後は、日本統治下で軍隊経験のある青年が反政府運動に従事していると言い掛かりを付けられることが増え、そういった弾圧から逃れるために国府軍に志願したというケースもよく見られた。時には、半ば強制的に徴用されるケースもあったという。

◆重宝された元日本軍人と軍属たち

 こうして集められた台湾人兵士たちは中国戦線に駆り出された。共産党軍との戦いは熾烈(しれつ)を極めたが、軍規が緩く、士気も高くない国府軍の中で、台湾人兵士は文字通り、八面六臂(ろっぴ)の活躍をする。

 1948年11月から翌年1月にかけての淮海(わいかい)戦役で、国府軍は大敗を喫し、中国大陸から撤退することになった。この時、多くの台湾人兵士は故郷に戻ったとされるが、中には帰る機会を逃してしまう者もいた。49年10月1日、中華人民共和国が建国されると、彼らが台湾に帰る望みは絶たれ、大陸に留まることを強いられた。

 許氏が残した記録によれば、国府軍に従軍した台湾人兵士は1万人を超えており、その他に技術員や医務員らが800人ほどいたという。

 国共内戦では多くの悲劇が生まれた。捕虜となった台湾人兵士も少なくはなく、中には後に人民解放軍に徴用されて、国府軍と戦う者まで出たという。

 この頃、共産党は台湾攻略を真剣に考えていた。これに合わせ、約2000人と言われる台湾人捕虜が「思想改造」を受けたという。彼らは短期育成の幹部訓練に就き、人民解放軍に組み込まれた。こうした兵士は主に沿海部に送り込まれたとされるが、しばらくして朝鮮戦争が勃発。共産党軍による台湾攻略は中止となった。

◆人民解放軍兵士になった台湾人

 中には、より数奇な運命をたどる兵士もいた。それは朝鮮戦争の際、「中国人民志願軍」の兵士として最前線に送られた人々である。戦死率の高い激戦だったため、多数の死傷者が出ている。

 この時、生還した兵士たちは文化大革命の際、日本軍人や国府軍兵士であったこと、台湾出身であることを理由に、さまざまな迫害を受けた。これらは全て「罪状」であり、人民解放軍への志願によってのみ、懲罰から免れることができたと伝えられる。退役しても、一般人として生き抜くことは非常に難しく、人民解放軍兵士となる以外に生きるすべがなかった。

 正確な数字はないものの、許氏によれば、中国に残留した台湾人兵士は700人ほどいたという。その後、両岸関係の緊張緩和による交流が始まり、親族訪問が可能になったが、あくまでも中華民国の特権階級に居座った外省人が画策したものだった。つまり、中国出身の外省人兵士が帰郷するためのものであり、中国に残留した台湾人兵士が台湾に戻ることは、ほとんど不可能だった。

◆そして、5月20日を迎える

 現在、政治的な制約はなくなっているが、1995年末の時点で台湾に戻れなかった兵士は約200人いたとされている。また、台湾に戻れた兵士たちも、その数は年々減っており、証言を集めることは難しい。

 前出の許昭栄氏は、台湾人兵士の悲劇を後世に伝えることを願い、台湾海峡に面したこの場所を購入。戦没者と年老いた仲間のために慰霊碑を建てようとした。公園設立の準備は順調に進んでいたという。

 しかし、高雄市議会はこの公園の名を変更する決定を下した。「戦争」の文字を外し、単に「和平紀念公園」に変更することを決めた。そして、台湾人兵士のみならず、国共内戦を戦った国府軍戦没者全体を弔う空間とすることを強いてきたのだ。

 名称変更の背景には、外省人勢力の思惑が絡んでいたと言われている。つまり、「和平(平和)」という言葉を前面に押し出し、外省人兵士を合祀(ごうし)することで、焦点をぼかす意味があった。そして、国民党政府が過去に行った不当な徴用について、責任追及の目をそらす意図もあった。

 これを知って憤慨した許氏は2008年5月20日、焼身自殺を図った。死をもって議会に抗議したのだ。生前、「戦争の悲劇を無かったことにしようとする考え方を許すことはできない」と許氏は強く語っていた。遺書には、自らが「台湾魂」と化し、死をもって台湾国立の「戦争と平和記念公園」の誕生を促す旨が記されていた。

 なお、台湾人元日本兵の補償問題についても、日本政府の一方的な取り決めに対して不満を抱く老兵は多い。徴用についての人権問題や待遇の不公平さなど、問題は少なくない。時代に翻弄され、数奇な運命を強いられた台湾の人々だが、その悲劇は日本とも深いかかわりがある。

 時代を生き抜いてきた兵士たちは高齢化が進み、年々その数が減っている。毎年5月20日、この公園では許氏を弔い、台湾人戦没者を祭る慰霊祭が執り行なわれている。生命と引き換えに自らの志を守った一人の元日本軍人。私たち日本人も、こうした史実にしっかりと向かい合い、台湾の歴史について考えたいところである。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 金子展也著『台湾に渡った日本の神々』お申し込み【2018年5月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180514/

● 渡辺利夫著『決定版・脱亜論』お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222/

● 映画『台湾萬歳』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-01/

● 映画『海の彼方』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-02/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・金子展也著『台湾に渡った日本の神々』*new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』*現在「在庫切れ」(2018年3月20日)

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,